夜逃げをした人を探すための方法

夜逃げというのは、文字通り、夜のうちに別の場所に逃げてしまう方法です。夜逃げの原因は多重債務などの借金や、不倫相手との逃避行が主なものと言えるでしょう。ここでは、夜逃げをした人を探すための方法について解説していきます。

簡易書留を何度も送る

夜逃げをした人を探すためには、夜逃げした人の元の住所に簡易書留を送る方法があります。簡易書留は、郵送した郵便物の配達状況をきちんと記録しておき、万が一きちんと配達できなかった際には、最大で5万円までの賠償がされる制度です。

簡易書留を夜逃げした人の元の住所に送った場合、「受取人不在」で戻ってきます。ただし、夜逃げした人が転居届を提出している場合には、何度か簡易書留を送っているうちに、転居先の住所が記された状態で戻ってきます。それによって、夜逃げ先の住所を突き止めることが可能となります。

住民票の確認

夜逃げをした人の探す方法として、夜逃げをした人の元の住所がある市区町村役場にて、住民票の確認をするやり方もあります。

夜逃げしてすぐの時点では住民票を移さないことが多いようですが、半年から1年ほど経過した際に、保険などの手続きのために、住民票を移動している可能性があるためです。ただし、第三者が住民票を確認するためには、委任状が必要となります。

探偵に依頼する

夜逃げをした人を探すための方法には、探偵に依頼することも含まれます。警察に捜索願を提出できるのは家族などに限られており、借金の取り立ての場合には利用できないためです。

駆け落ちした人を見つける方法

駆け落ちとは、親から結婚の反対をされた男女や、不倫関係にある男女が、二人で暮らすための場所に引越してしまうことをいいます。男女だけでなく女性同士、男性同士ということも考えられます。ここでは、駆け落ちした人を見つける方法について紹介します。

住民票の閲覧

駆け落ちした人を見つける方法には、住民票の閲覧があります。家族や親族の場合なら、失踪してしまったなどの理由が認められれば、身分証明書の提示で閲覧可能です。第三者が住民票を閲覧するためには、委任状(代理人選任届)が必要となります。

駆け落ちした人が住民票を移動している場合に限り、住民票に駆け落ち先の住所が記載されています。

簡易書留

駆け落ちした人を見つける方法には、簡易書留の郵送もあります。住所を移転した場合、郵便局に「転居届」を提出することで、引越し先の住所に転送されるようになります。そのため、簡易書留を複数回送るうちに、駆け落ち先の住所が記載されて戻ってくる可能性があります。

SNSアカウント

駆け落ちした人を見つける方法には、SNSアカウントを探し出すやり方もあります。電話番号やメールアドレスで検索することで、SNSアカウントが見つけられるかもしれません。投稿している画像の情報から位置確認をすることも可能です。

探偵への相談

駆け落ちした人を見つける方法には、人探しのプロである探偵への相談も選択肢の一つとなります。警察に行方不明者届を提出する方法もありますが、警察は事件性がないと動いてくれないことが考えられるためです。