探偵の仕事の依頼内容ってどんなもの?

皆様こんにちは、現役探偵のgolapと申します。

探偵と言うと、テレビや映画、小説などで登場する煌びやかなイメージをお持ちかもしれませんが、実際の仕事は非常に地味な調査の積み重ねです。

それに、殺人事件などの凶悪な刑事事件の調査をすることもないですし、ましてや犯人を逮捕するなんて権限も持ち合わせていないんです。

犯罪に関する依頼としては、ストーカーや保険金詐欺師などの調査をすることも稀にありますが、その数は非常に少ないです。

「それじゃあ、普段はどんな仕事をしているの?」と思われたかもしれませんが、私たちの仕事のほとんどは“浮気調査”です。

実は、依頼内容の約80%が浮気調査と言っても過言ではありません。

その他には、人探しや盗聴器調査、個人の素行調査や法人の信用調査などを依頼されることもありますが、浮気調査に比べると圧倒的にその件数は少ないのが実情です。

このような調査を行って、依頼主に報告書を作ってお渡しし、必要であれば助けになれるようなアドバイスをすることもあります。

特に、浮気調査の場合には、離婚問題に発展するケースが多いので、初めて裁判を行う依頼者の方は不安で何をしたら良いかわからないことも多いです。

そのような時に、経験を活かして出来るだけ希望通りに解決するために、お手伝いするということも行っています。

もっと詳しく知りたい方は下記を参考にすると良いかもしれません。
探偵は浮気調査や不倫調査でどのような事をするのか?赤裸々に語られています。
探偵の浮気調査能力は舐めない方がいい。細かく書かれた調査報告書を見るたびに思う。

探偵はどうやって調査するの?

皆様こんにちは。

今回は、探偵の調査方法について、どのように行うのかについて少しご紹介したいと思います。

探偵は2通りの調査方法を使って様々な調査を行います。

一つは「行動調査」、そしてもう一つは「データ調査」です。

よく知られている尾行や張り込みなどを行動調査と呼び、携帯電話の番号や生年月日などのデータから情報収集することをデータ調査と呼んでいます。

ちなみに、多くの方が探偵は尾行や張り込みなどの行動調査によって調査を行っていると思われていると思いますが、実際にはデータ調査から得られる情報の方が多い場合がほとんどです。

と言うのも、行動調査にはやはり人員を割いている分、費用がかさんでしまうので、依頼者の負担が大きくなってしまうからです。

通常、私たちが尾行や張り込みを行う場合、対象者を見失ったり、気付かれたりしないように2人体制以上で行います。

ですので、もし皆さんが何かの調査を依頼される際には、一人で調査を行うという場合には注意が必要です。

費用は安いかもしれませんが、成果が得られない可能性が高いでしょう。

また、行動調査はもちろん、独自の情報網を駆使していかにデータ調査を行えるかというのは、探偵の腕の良さにかかってきます。

このように、私たちは行動調査とデータ調査から依頼者の方々の欲しい情報を手に入れているのです。