駆け落ちした人を見つける方法

駆け落ちとは、親から結婚の反対をされた男女や、不倫関係にある男女が、二人で暮らすための場所に引越してしまうことをいいます。男女だけでなく女性同士、男性同士ということも考えられます。ここでは、駆け落ちした人を見つける方法について紹介します。

住民票の閲覧

駆け落ちした人を見つける方法には、住民票の閲覧があります。家族や親族の場合なら、失踪してしまったなどの理由が認められれば、身分証明書の提示で閲覧可能です。第三者が住民票を閲覧するためには、委任状(代理人選任届)が必要となります。

駆け落ちした人が住民票を移動している場合に限り、住民票に駆け落ち先の住所が記載されています。

簡易書留

駆け落ちした人を見つける方法には、簡易書留の郵送もあります。住所を移転した場合、郵便局に「転居届」を提出することで、引越し先の住所に転送されるようになります。そのため、簡易書留を複数回送るうちに、駆け落ち先の住所が記載されて戻ってくる可能性があります。

SNSアカウント

駆け落ちした人を見つける方法には、SNSアカウントを探し出すやり方もあります。電話番号やメールアドレスで検索することで、SNSアカウントが見つけられるかもしれません。投稿している画像の情報から位置確認をすることも可能です。

探偵への相談

駆け落ちした人を見つける方法には、人探しのプロである探偵への相談も選択肢の一つとなります。警察に行方不明者届を提出する方法もありますが、警察は事件性がないと動いてくれないことが考えられるためです。