探偵はどうやって調査するの?

皆様こんにちは。

今回は、探偵の調査方法について、どのように行うのかについて少しご紹介したいと思います。

探偵は2通りの調査方法を使って様々な調査を行います。

一つは「行動調査」、そしてもう一つは「データ調査」です。

よく知られている尾行や張り込みなどを行動調査と呼び、携帯電話の番号や生年月日などのデータから情報収集することをデータ調査と呼んでいます。

ちなみに、多くの方が探偵は尾行や張り込みなどの行動調査によって調査を行っていると思われていると思いますが、実際にはデータ調査から得られる情報の方が多い場合がほとんどです。

と言うのも、行動調査にはやはり人員を割いている分、費用がかさんでしまうので、依頼者の負担が大きくなってしまうからです。

通常、私たちが尾行や張り込みを行う場合、対象者を見失ったり、気付かれたりしないように2人体制以上で行います。

ですので、もし皆さんが何かの調査を依頼される際には、一人で調査を行うという場合には注意が必要です。

費用は安いかもしれませんが、成果が得られない可能性が高いでしょう。

また、行動調査はもちろん、独自の情報網を駆使していかにデータ調査を行えるかというのは、探偵の腕の良さにかかってきます。

このように、私たちは行動調査とデータ調査から依頼者の方々の欲しい情報を手に入れているのです。